コミニュケーションチャットツールの便利な付き合い方

コミニュケーションチャットツールの便利な付き合い方をピックアップしています

コミニュケーションチャットツールの便利な付き合い方

チャットする女性今まで携帯、パソコン、スマートフォンを使ってきましたが、コミニュケーションツールといえばメールしか使ったことがありませんでした。携帯をスマートフォンに変えた時には、友人に勧められラインを始めましたが、最初の登録のみでコミニュケーションツールとしては使っていませんでした。

しかし周りもスマートフォンに変わっていく中で、ラインを使っている人が知り合いの中でもドンドン増えていきました。そこでやっと最近ラインを日常的に使い始めました。いざ日常的にラインを使い始めてみると、とても便利なコミニュケーションツールだということがわかりました。

まず、メッセージのやりとりがとても早く届きます。また、グループでメールのやりとりをできるのが、とても便利な機能だと思います。現在ではメッセージのやりとりは、ほぼラインになっています。次に、これも最近になって始めたフェイスブックですが、始める前はテレビメディアの影響のあり、少し怖いコミニュケーションツールだという印象を持っていました。

しかし、友人が先に始めていて、食事の時など頻繁にアップロードしているのを見てから、面白そうなのでやってみようと思いました。最初、友人に初期設定などは設定してもらいフェイスブックを始めました。これも始めてみると、世界がかなり広がりました。やはりなんでも始めてみないとわからないものです。ただ、個人情報の流失等はやはり怖いので、プライバシー設定はしっかりしておきたいですね。


ミクシーで娘の人生が変わりました

友達の輪 子どもには、ピアノを習わせるのが夢だったので、5歳児になってから音楽教室に入会しました。音楽教室に入会するだけで、先生が責任を持って教えてくれると思っていたのですが、実際には、親も参加していっしょに遊びながら学ぶシステムでした。

私も妻もまったく音楽の素養がなく、ハ長調以外に読めませんでした。しかし、いっしょに入会した子どもたちは、音階も読めるし、なんと音当てもでき、まったくレベルが違っていました。いっしょに入会した9人中、ピアノを持っていない家庭は我が家だけでした。授業中も何を話しているのかまったくわからず、途方に暮れてしまい、ミクシーでそのことをぼやいていました。

すると、ある日、遠く離れた地域でピアノ教室を主宰している方から、アドバイスをいただきました。大変感激してやり取りを始めると、また、返答が返ってきて、やりとりがはじまりました。当初は一方的にピアノに対する向かい方、知識、覚え方、練習方法などを教わっていましたが、そのうちにその方とだんだんと趣味的なことやプライベートなことのやりとりもできるようになりました。

私も少しでもアドバイスを受けた恩返しをしたいと思い、家に関しては職業上専門的知識を持っていたので、土地の選び方、設計の仕方、税金の軽減方法などをアドバイスして、大変感謝されました。そのうちにだんだんと他の友人とのやり取りにも広がっていき、会ったこともないけれど、かけがえのない友人となることができました。

おかげで、娘も8年間ピアノ教室に通ったことがきっかけで、部活動も吹奏楽を選び、全国大会にまで出場することができました。ネットでの出会いがなければ、おそらくピアノ教室は辞めていたことと思います。ミクシーには本当に感謝しています。


LINEを使ってグループチャット

チャット用パソコン 先日、ブログ等で知り合った方とやりとりをしていた際に、お互いの趣味に合ったLINEグループを作っている事を知りました。そのグループは大きな地域でくくられた趣味友が集まって、楽しく趣味の話をする場でした。私も参加させてもらうことに。リーダーとなっている方のLINEのIDを教えていただき、その人と友達になります。

その後に、その方からグループに招待してもらう。そのような感じで参加できました。趣味も合うと言う事で、ラインのトークを閲覧しているだけでも楽しいのですが、たまに参加させてもらったりと。しかしながら、お互いに顔の知らないもの同士がこの会話をしているのだと思うと、世の中ががらりと変わったな。と思いました。

一昔前であれば、チャットを出来るWEB上のサービスなどでよく顔の知らない人と会話をしたものですが。今はPC離れが多く。スマートフォンでこのようなサービスを楽しんでいるだな~と、年寄りくさい感じも覚えました。知人の話を聞くと、スマートフォンのゲームで知り合った人同士のライングループとかもあるらしく、昔より世の中が狭くなった気がします。

ともあれ、便利なものが出来き、楽しみを共感できる仲間ができると言うのはいいですね。スマホチャットレディなどのチャットを利用する場合や、人数の多いグループに参加する際は通知音を切ることをお勧めします。人数が多い文、ありえないほどのトークが飛び交いますので。

コミニュケーションチャットツールの便利な付き合い方 © 2015